2019年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し、11人が死傷した事故で 過失運転致死傷の罪に問われている飯塚幸三被告(89)の 5回目の裁判が開かれ、警視庁の「鑑定人」が出廷。 ブレーキやアクセルを踏んだ秒数やエンジンの状況など 事故車両の記録装置の解析結果などを詳細に説明しました。 この裁判で明らかになったことは何か。徹底解説します。

【【池袋事故裁判】事故車両の記録装置解析 ペダルの根元に「払拭痕」(2021年2月2日)YouTube】の続きを読む